東洋医学で不妊改善しましょう!

北陽の虻川美穂子さん40歳で第1子を出産!

北陽 / 北陽の「なりたい!」 【DVD】

北陽 / 北陽の「なりたい!」 【DVD】
価格:3,694円(税込、送料別)

 

お笑いコンビ北陽の虻川美穂子さんが2015年2月3日に第1子である2834gの男の子を出産した事が、虻川さんがレギュラーを務めていた日本テレビ系『ヒルナンデス!』の5日放送の番組中でMCの南原清隆さんによって発表されました。

 

 

1月30日付の虻川さんのブログでは、お友達の赤ちゃんをだっこしている写真がのせられていましたが、その数日後にはご自身の赤ちゃんを抱っこすることになりました。

 

 

 

 虻川さんは現在40歳で高齢出産になりますが、母子ともに元気だということで、これから妊娠出産を目指すキャリアウーマンの方々にも希望を与えてくれましたね。

 

 

 

 昔より医療や医師の技術が高くなっている事もあり不妊治療の効果や安全性も高まってきており、また現代の女性は昔と同じ年令でもずいぶん若々しくなってきているようです。

 

 

しかし、現実的にはやはり妊娠、出産、子育ては若い年齢の方が有利ではあります。

 

 

見た目は若々しくなっている現代の女性ですが女性の体が持つ妊娠する力は昔からそれ程大きな変化はなく、30歳台半ばあたりから年齢を重ねる毎に不妊や流産のリスクなどが高まっていくことは現実問題としてあります。

 

また、子育ても20代と30代後半以降で行うのは思った以上の体力の消耗の差があるようです。

 

 しかし、日本を始めとする先進国では晩婚化に伴い妊娠出産、子育ての年齢が高くなっていう傾向にあるのが現実で、虻川美穂子さんのように40歳から出産、子育てをする人もこれから増えていくと思われます。

 

 不妊治療の技術や、子育てや出産を育む社会的環境など、これからは高齢出産であっても様々なリスクが出来るだけ軽減されるような環境が発展していくことが望ましいですね。

 

 

また、虻川さんの相方である北陽の伊藤さおりさんも2014年で40歳で第一子を出産されています。

 

 

人気お笑いコンビが二人揃って高齢出産、子育てに入るわけですから、同じように高齢出産をされて子育てしている方や、これから妊娠出産を望む働く女性達への明るい話題をこれからも是非メディアを通じて提供していただきたいですね。