東洋医学で不妊改善しましょう!

 
妊活を始めると、妊娠に関する様々な医学的な専門用語にも接する事が多くなると思いますが、中でもAMH値という言葉はよく目にする機会が多いのではないでしょうか。

 

 

AMH値とはAnti-Mullerian Hormone(アンチミューラリアンホルモン)の略で、

 

 

発育過程の卵胞である前胞状卵胞内の顆粒膜細胞でつくられるホルモンです。

 

 

血中のAMH値によってこの前胞状卵胞の数が予測できるため、AMH値は卵巣に残された卵子の数を知る目安になる値とされています。

 

 

卵子は卵巣の中で作られますが、常に新しく作られているのではなく女性が母親の胎内にいる胎児の時に一生分の卵子が作られ、その後は年齢とともに減少していきます。

 

卵子の数は、胎内にいる時には500〜700万個もありますが、35歳頃には2〜3万個にまで減少してしまうのです。

 

卵子は妊娠する為に、原子卵胞という卵子を育てる袋の状態から成熟し、卵子が卵胞から飛び出します。これが排卵です。

 

卵胞はホルモンの刺激を受ける事によって成長を始めます。そして約6か月かけて、1つだけの卵子が排卵されます。

 

卵胞から卵子までの成熟段階に出ているホルモンが、AMH値という数値になって表れます。

 

AMH値が高ければ、成熟を始めた卵胞が多い=卵巣に残っている卵子も多いだろう、ということが分かります。

 

 

AMH値が低いと妊娠できない?

 

 

では、AMH値が低い場合は妊娠は不可能なのでしょうか?

 

必ずしもそうした判断にはあたりません。

 

AMH値は残っている卵の数を知る為の目安となるだけで、妊娠率とは直接関係しません。

 

たとえ卵子が沢山あったとしても、卵子が老化していて機能しなかったりする場合もあります。

 

とは言え、AMH値が高ければ卵子の数も多いと予測され、今後妊娠出来る確率も比較的高いと見ることも出来ます。

 

 

AMH値の検査は必要?

 

AMH値の検査は血液を採取シて調べるだけなので簡単ですが、保険適用外なので自費になり、病院によっても違いますが、おおよそ5000円から1万円の費用が位かかります。

 

しかし、先に述べましたように卵子の数は生まれた時から決まっており、あとは年齢とともに減少するだけなので、AMH値を知った所で卵子の数を増やすことは出来ません。

 

ではこのAMH値の検査は妊活に必要なのでしょうか?

 

 

 まずAMHの値から卵巣内に発育を開始できる卵胞がどのくらいあるのかを予測することにより 排卵誘発剤によ卵巣刺激の方法を決めたり、卵巣機能の高さによってどのような治療を進めれば効果的かなど、不妊治療のプランを立てることが出来ます。

 

 AMH値によって妊活のプランや、場合によっては不妊治療が必要かなどの目安を知ることが出来ますので、特に30歳以上の方には検査を推奨されています。

 

また、AMH値は個人差があり、年齢が若い方でもAMH値が低いケースがあります。

 

「まだ若いから妊娠出来るだろう」と考えるのではなく、まずはAMH値を知ることで、自分が妊活においてどのスタートラインに立っているかを知ることが出来ます。

 

血液検査でAMH値が低く出た場合は、卵が残っているうちに妊活のスピードをアップさせる必要もあります。

 

 

AMH値検査により、ご自身の卵巣機能や卵子の数を把握しておくことはある程度妊活をすすめる指針になるといえるでしょう。