東洋医学で不妊改善しましょう!

男性不妊改善のための栄養と飲み物

 
最近ではようやく不妊の原因が男性側にも半分近くあるという事が一般にも認知されてきたようです。

 

WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査では、不妊症の7273カップルの調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明となっています。

 

 又、最近では日本を含めた先進国で若い成人男性の精子の数が減少傾向にあります。

 

これは環境ホルモン、ダイオキシン、PCB、DDTといった者の影響ではないかと言われており、こうしたことも男性不妊の割合を年々高めているようです。

 

 

 しかしまだまだ多くの男性は不妊改善の意識は女性より消極的で、特に産婦人科での採精などの不妊検査を受けるのには抵抗が有る方も多いようですが、不妊は女性だけでなく男性女性双方の問題と言うことを理解し、男性にもなるべく不妊検査などを積極的にして受けていただきたいですね。

 

男性不妊の原因は無精子症や閉塞性無精子症など場合によっては病院での治療が必要となるものもありますが、多くの原因であるストレス、亜鉛やビタミンなどの栄養の不足等は普段の食事や生活習慣を見直すことで、かなり改善することができます。

 

男性不妊にはアルギニンと亜鉛

 

 

亜鉛は精子の運動率を向上し、、生殖機能を高める働きがあります。亜鉛は豚のレバーや牡蠣、うなぎなどにに多く含まれます。

 

 

アルギニンは肉類や大豆、卵や乳製品・アミノ酸に多く含まれるアミノ酸で精子の増殖を活性化させます。また、成長ホルモンの分泌を促します。

 

 

他にも男性不妊を改善する栄養素にはビタミンE・鉄分、セレンなどがあります。

 

男性不妊改善の栄養素を手軽に摂るには?

 

 

しかし、これらの栄養を習慣的にまんべんなく摂るのは、特に仕事が忙しく自宅で食事をする機会が少なかったりする方などは難しいでしょう。

 

また、自宅でも不妊に効果的な栄養バランスを考えた献立を毎日考えて作るということはとても大変な事ですよね。

 

 

 そこでサプリなどでこれらの栄養を補うという方法もありますが、もっと手軽に男性不妊に特化した栄養を毎日摂るには男性不妊改善用の青汁を飲むという方法があります。

 

  この男性不妊を改善するための青汁は「大人の青汁」という名称で市販され始めたのですが、男性不妊や、ED、生殖機能障害等の改善を目的に開発され、これらに効果的な栄養素である亜鉛酵母やL-シトルリン、ビタミンEや食物繊維、スーパーオキシド消去活性(SOD)が配合されており、毎日飲むだけで男性不妊を改善し男性も自然に妊活が出来るというものです。

 

  実際に男性不妊の改善効果も認められているようで、病院や薬局での取り扱いも予定されているようです。

 

  不妊改善だけではなく健康維持や精力増強にも高い効果があるそうですので、特に妊活中であれば取り入れてみたいですね。

 

 

”男性専用”『おとなの青汁』詳細はこちら