東洋医学で不妊改善しましょう!

モデルの蛯原友里さんが第1子を妊娠

モデルの蛯原友里さんが第1子を妊娠した事を2015年6月4日付の自身のブログで公表しました。

 

 

蛯原友里さんは大学在学中からモデルの仕事を始め、その後女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルになると「エビちゃん」の愛称で親しまれ、超人気モデルとなり、テレビでバラエティや女優としても活躍しました。

 

2009年12月23日、RIP SLYMEのメンバー・ILMARIさんと結婚。

 

 

 

 

結婚後の現在でも『AneCan』と『Domani』の専属モデルを努めており、人気モデルとして活躍中です。

 

 

1979年10月3日生まれの蛯原さんは2015年6月現在で35歳。出産予定は36歳でになると思われます。

 

高齢出産と言われる年齢ではありますが、日本で女性が第1子を出産する平均年齢は毎年上がっており、2012年時点で30.3歳ですから35歳は社会的な平均で言うと特別遅い年齢では無さそうです。

 

また、現代の女性は30歳を超えても見た目若々しい方が多くなってきました。

 

しかし、妊娠、出産に関する女性の肉体的な機能の年齢ということになりますと、昔の人と殆ど変わっておりません。

 

やはり30才を超えたあたりから、不妊や流産のリスクなどは年令を重ねるごとに上がってきてしまいます。

 

 

 蛯原さんも2009年に結婚されてから妊娠までに6年間かかったこともあり、不妊や、不妊治療に通っているという噂も流れましたが、30歳過ぎても大人向けのモデルとして人気は衰えず、仕事で忙しい毎日を過ごしていたであろう蛯原さんですから、あえて妊娠は遅めの年齢に計画したのかもしれません。

 

 

どちらにしろ結婚6年後にしての妊娠にご本人もご主人のILMARIさんも大喜びのようですから良かったですね。是非とも元気な赤ちゃんを無事出産していただきたいと思いますね。