東洋医学で不妊改善しましょう!

不妊検査と費用

 

パートナーと定期的に関係を持ち、妊活をしていても、なかなか妊娠に至らないと「もしかして不妊では?」という疑念が湧いてくると思います。

 

 もし妊娠できるのだろうか?と悩んでいるなら、まずは病院で不妊の検査を受けてみましょう。

検査によって不妊なのか、薬の処方や不妊治療が必要となっていくるのかなど早めに不妊の原因を知り、適切なな処置を取ることが妊娠への近道になるのです。

 

 

 

不妊症の検査

 

不妊の検査を受けるにはまず診察が必要となります。初診料は病院によっても違いますが、保険適用でおおよそ1000円前後となります。

 

 

不妊の主な検査と費用は下に挙げたものになります。女性の不妊検査は月経の周期によって行うものが多くあります。
(これらの検査を全て行うというわけではありません。)

 

月経期に行う検査

 

◯ホルモン検査(プロゲステロン(黄体化ホルモン)、FSH(卵巣刺激ホルモン)、
 エストロゲン(卵胞ホルモン)、T3・T4・TSH(甲状腺ホルモン) 【保険適用項目各300円〜1000円 自費2000円〜7000円】

 

◯尿検査 尿中の黄体化ホルモン)の量を測定し、排卵時期を予測

 

 

◯超音波エコー検査(全胞状卵胞数の計測)【保険適用1000円〜3000円】

 

 

◯月経血培養検査【5000円〜】

 

 

低温期(卵胞期)に行う検査

 

◯超音波エコー検査(発育卵胞の計測)【保険適用1000円〜3000円】

 

◯エストロゲンホルモン検査(卵胞ホルモン)【保険適用300円〜自費2000円〜】

 

◯子宮卵管造影検査【保険適用3000円〜8000円】

 

◯卵管通水検査【20000円〜】

 

◯子宮鏡検査【保険適用3000円〜】

 

 

 

排卵期に行う検査

 

◯超音波エコー検査(卵胞の計測、子宮内膜の計測)【保険適用1000円〜3000円】

 

◯頸管粘液検査(子宮口より粘液を採取)【保険適用500円〜1000円】

 

◯フーナーテスト(性交後検査)性交後に子宮口入口や子宮頸管内の粘液を採取。【保険適用1000円〜 自費5000円〜】

 

◯尿検査

 

 

 

高温期(黄体期)に行う検査

 

◯プロゲステロンホルモン検査(黄体ホルモン)【保険適用300円〜自費2000円〜】

 

◯超音波エコー検査(黄体・子宮内膜厚の確認や計測)【保険適用1000円〜3000円】

 

 

 

男性が受ける不妊検査

 

不妊の原因は男性にも半分はあると言われています。不妊検査は夫婦で一緒に受けましょう。

 

 

◯一般精液検査保険適用 【保険適用1000円〜】

 

◯ホルモン検査【保険適用1000円〜】

 

 

不妊検査の費用は病院や保険が適用される項目などによって差がありますが、初診では10000円前後、2万円もあれば大丈夫でしょう。
大抵の場合は初診時には10000円以下で収まります。

 

その後新たな検査や不妊治療などが必要になった場合はまた費用も別途かかってきますが、まずは自分は不妊なのか、そうであればどこに原因があるのかということを突き止めることが妊活には重要です。
また、仕事で忙しかったり、検査にように抵抗があったりなどで検査を受けたがらない男性も多いようですが、不妊は女性だけではなく二人の問題ですので、パートナーと相談して一緒に早めの不妊検査を受けに行きましょう。