東洋医学で不妊改善しましょう!

「妊活をするなら排卵日を把握しよう」

そもそも排卵日っていつ?

 

排卵日というのは、生理がきて14日前後となっています。

 

排卵日をもっと詳細まで調べたいのであれば、排卵検査薬を使うようにするといいでしょう。

 

基礎体温でもある程度は、いつくらいが排卵日なのかを調べることはできるのですが、基礎体温にあまり変化がないと計測をすることは難しくなってしまいます。

 

排卵検査薬を使う場合は、生理の16日前から行うようにしましょう。

 

次、いつくらいに生理になるか分からないのであれば、前回生理になった日から11日目に排卵検査薬を使うのが望ましいです。

 

どうして排卵日が重要なの?

 

どうして妊活をするうえで排卵日が重要なのかというと排卵日前後というのは、妊娠しやすいのです。

 

妊活をしたい人にとって、妊娠しやすい時期を見計らったほうが、成功する確率が高くなります。

 

排卵日前後3日は、子宮が活発になっており、受精しやすい環境になっているので、排卵日前後3日に性交渉をすることで妊娠しやすくなります。

 

そのため、妊活をしている人の多くは排卵日がいつなのかを把握しようとしています。

 

 

失敗したとしても焦らない事

 

排卵日前後3日間は、妊娠しやすくなりますが、絶対に妊娠するというわけではあり暗線。

 

排卵日前後3日でも、妊娠する確率は30%前後だといわれています。

 

ですから、失敗したとしても焦らないようにしましょう。

 

焦るとストレスになり、ストレスがホルモンバランスを乱して、妊娠する確率を下げてしまい悪循環になってしまうのです。