東洋医学で不妊改善しましょう!

タレントの東原亜希さん32歳で双子を妊娠

タレントの東原亜希さんが双子を妊娠していることを2015年3月5日に発表しました。

 

東原さんは2009年に第1子の長女を、2010年第2子の長男を出産されているので今回第3子、第4子ということになります。

 

 

 東原さんのご主人は2000年のシドニーオリンピックで金メダルを獲得した柔道家の井上康生さん(36歳)で、現在は柔道全日本代表監督を務めていらっしゃいます。

 

双子の妊娠はご主人の井上さんとともに連名で発表したそうです。

 

 

 

 

一般的に芸能人の妊娠の発表は流産のリスクがほとんど無くなる安定期に入ってからする方が多いですが、東原さんも時期的には妊娠5ヶ月と安定期に入っておられるそうで2015年の7月に出産予定だということです。

 

 

 とは言え、「双子には安定期はない」とも言われます。

 

 

 それは双子の場合子宮の中に2人の赤ちゃんが入っておりますので、 子宮は常に伸びて緊張した状態にあります。

 

 

 そのため陣痛が早めに起こり早産になり、未熟児で産まれてきてしまうというリスクもあるのです。

 

 

 また、双子ですと場合によっては母子の安全を優先して帝王切開で出産するケースも多いようです。

 

 帝王切開は自然分娩と比べて母体への負担は高くなりますが双子の場合片方が逆子担ってしまったりヘソの緒が絡み合ってしまうなどのトラブルの可能性もあり、そのような場合は自然分娩で出産する予定であったとしても帝王切開での出産に切り替える事になるようです。

 

 

 

 東原さんも「双子と聞いて驚きとともに大きな喜び、大きな責任を感じています。」とコメントされていますが、ブログでは「双子なんて全く予想もしておらず遠〜い親戚を思い出しても夫婦ともにいないので正直、不安の方が多く、、。」と多少不安を隠せないようです。

 

 

 しかし、双子でも自然分娩で産んでいらっしゃる方もたくさんおりますし、特に双子だからリスクが異常に高いというわけではありません。

 

 

 東原さんには是非とも頑張って、元気な赤ちゃんを出産して頂きたいと思います。