東洋医学で不妊改善しましょう!

女優の星野真里さん33歳で第1子を妊娠!

女優の星野真里さんが2015年2月12日第1子を妊娠したことをご自身のブログで発表しました。

星野真里/WHITE ALBUM 【CD】

星野真里/WHITE ALBUM 【CD】
価格:2,160円(税込、送料別)

2月12日現在妊娠5ヶ月で、夏に出産予定ということです。

 

 

 星野真里さんは1981年7月27日の33歳。7歳の頃から子役として活躍し、14歳の時にはNHKの連続テレビ小説「春よ、来い」に出演、同時期にはTBS系ドラマ「3年B組金八先生」で金八先生の娘役として有名になりました。

 

そして芸能活動をしながらも、青山学院大学文学部フランス文学科を卒業。

 

2011年9月1日にTBSアナウンサーの高野貴裕氏と結婚しました。

 

 

 

 星野さんは結婚Sれてから4年目での妊娠ですが、結婚当時にご自身のブログで子供に関しては「もうしばらく待ってもらうことになりそう」と発言しており、不妊症だったというわけではなく
あえて順調な仕事を優先させてきたのかもしれません。

 

 しかし、出産に望んでは高齢出産となる35歳より前にはと考えていたのかもしれませんね。

 

受験も学業も仕事もしっかりこなしてきた努力家の星野さんですから、出産についても地に足のついた、きっちりとした計画性も合ったのかもしれません。

 

 

 

 

 また、星野さんは今回の妊娠に際して、「母親思いの子供のようでつわりは全くなく、それまでと何も変わることのない毎日を過ごしていました」と語っております。

 

よく言われるつわりの症状は吐き気、特定の匂いに対する嫌悪感、食欲不振、眠気などで妊娠初期から2〜3ヶ月くらいまでに起こりますが、、妊婦さんの20%から30%には星野さんのように
これらのつわりの症状が全くないという方もいるそうです。

 

 なぜこのような個人差が出るのかは現在医学的にも正確には分かっていないようです。

 

 つわりがないことで不安を感じる妊婦さんもいるようですが、つわりには個人差があり、無くてもあっても問題はありません。ただし、妊娠初期につわりがあったのに急になくなったという場合は
流産の可能性もあるのでその様な場合は念のためお医者さんに見てもらったほうが良いでしょう。

 

 このように急につわりが無くなっても必ず流産しているということではありませんので、心配を抱えないよう(ストレスは妊娠の大敵です)早めに婦人科で受診してもらうといいでしょう。

 

 又、逆につわりの症状が酷い方には星野さんのようにッツ割りがない方は羨ましいですね。

 

 しかしつわりが重くてその症状が辛いとはいっても、妊娠中に吐き気止めなどの薬を服用するのはやめたほうがよいでしょう。

 

妊娠中にはあらゆる薬はリスクとなります。

 

 

但し、漢方薬であれば体への影響は少なく服用可能名ものが多いです。つわりを改善する漢方薬では「当帰芍薬散」が知られています。

 

 

  「当帰芍薬散」はつわりの改善だけでなく安産にも良いそうですので、心配でしたらお医者さんと相談の上服用してみてはいかがでしょうか。