東洋医学で不妊改善しましょう!

妊活と高齢出産

「高齢出産で妊活をする場合のリスク」

 

何歳から高齢出産になるのか?

元々は、高齢出産というのは30歳以上での出産を指していました。
ですが、現在は、晩婚化が進んでいるだけではなく、女性も社会人として働く時代になっているため、また医学の発達による安全性の向上などから現在では35歳以上で出産する事が高齢出産とされます。

 

高齢出産はリスクが高いと言われていることが多いのですが、確かに若い頃の出産と比べるとリスクが高くなります。

 

女性は、30代になると、生殖機能が低下をしていくことになります。

 

ですから、着床をすることができたとしても、そのまま順調に胎児が育たなくなる可能性が高くなってしまうのです。

 

また、内臓機能も体力も低下をしているうえに、女性ホルモンの分泌も20代の頃と比べるとしにくくなってしまっているため、妊娠しづらく、出産時にも負担がかかりやすくなるのです。
ですから、高齢出産をするために妊活をするのであれば、それなりの準備をしておかなくてはならないでしょう。

 

栄養と体力をつけることが必須

 

高齢出産の妊活は、栄養と体力をつける必要があります。

 

栄養面でいえば、ビタミンEは必ず摂取するようにしましょう。

 

ビタミンEは、体の酸化を防ぐ成分となっています。

 

年齢を重ねると、肌が衰えるだけではなく、卵巣や卵子、子宮も衰えることになります。

 

ですから、ビタミンEを摂取することが大切なのです。
また、大豆イソフラボンの摂取も効果的だと言われます。
大豆イソフラボンは女性ホルモンと非常に近い作用があるため、女性ホルモンの分泌を促しやすく、ホルモンバランスを保ちやすくなります。
そして、運動をして体力をつけるようにすることで、代謝も向上しやすく、出産時にも負担がかかりにくくすることができるため、2〜3日に1回は数十分間適度な運動を取り入れるようにしてください。