不妊改善のあれこれ

クロミッドってどんな薬?

クロミッドは、排卵障害や生理不順のある方などに使用される排卵誘発剤です。
 
排卵障害には次のものがあります。

 

「第1度無月経」女性ホルモンであるエストロゲンは分泌されているが、罰の女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が障害されている状態です。

 

「第2度無月経」エストロゲンとプロゲステロン、両方のホルモンの分泌の障害がある状態。

 

「無排卵周期症」排卵が起こっていない状態です。

 

 

 

クロミッドの処方が効果を発揮するのは以上のような状態に対してであり、具体的な働きとしては、排卵する卵の数が増える、卵子の質が向上する、黄体ホルモンの分泌が改善する、生理周期や排卵周期が安定するなどです。、

 

また。クロミツドは排卵誘発剤の中ではポピュラーなもので、副作用も比較的少ない薬になります。

 

 

一方副作用としては、多胎妊娠の可能性や、頭痛や吐き気、イライラ感等の不愉快な症状を感じる方もいます。

 

さらに、長期間使用すると子宮頸管粘液が減少したり、子宮内膜が薄くなると言った妊娠するにはデメリットになる症状や、たくさんの排卵が起こった場合に卵巣が腫大し、痛みや張りを感じると言った卵巣過刺激症候群と言った症状が起きる場合もありますので、クロミッド服用時に何か気になる事があったら医師と相談しながら、クロミッドの量や服用する期間など調整していくと良いでしょう。

 

服用の量

 

一般的には、生理の3日目〜5日目辺りから飲み始め、5日間続けます。服用の量は、最初は「1日1錠×5日間」、「1日2錠×5日間」と言った少なめの量で、処方される場合が多いようです。

 

そして、排卵の状態を確認しながら、効き具合や副作用の様子で薬の量を加減していきます。クロミッドの1周期辺りの限界量は「1日3錠×5日間」となっています。

 

 

クロミッドの処方に関して、薬や、効果副作用についての説明、卵管やホルモンの検査や子宮内膜の測定、フーナーテスト等を行わずに、すぐに薬の服用を指示されたり、漫然と長期間にわたって何の説明もなく同じ薬を処方されている場合には医師にきちんと説明を求めた方が良いでしょう。

 

 

また、飲み忘れた場合などについて、どうしたら良いか等も医師に確認しておくと安心です。服用期間の後半で自己判断で勝手に服用を中止したり、長期間保存していた薬などを服用するのもやめましょう。

 

 

製造から長い期間が経過してしまった場合には効き目がみられなかったり、薬そのものが変質していたりする場合があります。