東洋医学で不妊改善しましょう!

向山志穂さん妊娠7ヶ月で俳優の市原隼人さんと結婚

2014年9月21日モデルの向山志穂さんが俳優の市原隼人さんと婚姻届を提出したそうです。

 

 

向山志穂さんは雑誌「EDGE STYLE」の専属モデルで1985年9月6日生まれの29歳。

お相手の市原隼人さんは1987年2月6日生まれの27歳ですので、向山さんの方が2歳年上になります。

向山志穂さんは現在妊娠7ヶ月で既に安定期に入っております。この時期は文字通り辛いつわりも終わり、身体も心も安定してきますので、

 

周囲の人の話によると幸せいっぱいで、積極的に料理や育児について勉強されているようですね。

 

市原さんと向山さんは以前(2011年頃)から交際していましたが、妊娠7ヶ月時点で入籍ということですので、多分不妊治療などはしておられず自然妊娠されていたのでしょう。

 

 

順調に行けば29歳での出産予定となりますが、厚生労働省によりますと第1子出生時の平均年齢は、平成23年で30.1歳、平成24年は30.3歳、平成25年は30.4歳ということですから、向山さんは今や日本での出産の平均的な年齢か、むしろ平均より若いともいるでしょう。

 

 

ちなみに約30年前の1985年では第1子出生時の母の平均年齢は26.7歳だったそうです。統計からも晩婚化傾向が見て取れますね。

 

 

現在俳優として大活躍中の市原隼人さんですが、向山さんとはすでに同居されていて彼女をサポートしているということです。
これからも向山さんの出産や子育てにも協力してあげて元気な赤ちゃんと共に夫婦仲良くお幸せになっていただきたいですね。