東洋医学で不妊改善しましょう!

妊活中の不眠を解消するには?

 
寝たくても眠れない。。早く寝ないとと焦っているとだんだん外が明るくなり始め・・・(泣)

 

不眠症は本当に辛いですよね。こんな時は心や体が疲れていても、いざ布団に入るとなかなか眠れなかったりします。

 

 

妊娠初期の方はホルモンバランスの不安定さで不眠や過眠に悩まされる人も多いのですが、妊娠前の妊活中でも不眠に悩まされる方は多いようです。

 

 妊活中に不眠になるという原因は不安や気持ちの昂ぶり、焦りなどの精神的な要因が大きいようです。

 

周りから子供はいつ?などと聞かれるようなことや、不妊治療が長引いたりすると、「早く妊娠しなくては。。」というプレッシャーや「本当に妊娠できるのだろうか?」という不安の思いを巡らしてしまう事も無意識に快眠を妨げているのではないでしょうか。

 

 

 質の良い睡眠は妊活に不可欠

 

 

しかし、質の良い睡眠をとる事も妊娠に至るには大切な要素です。

 

22時辺りから睡眠に入れますと、深い眠りであるノンレム睡眠中に成長ホルモンが分泌され、この成長ホルモンによって女性ホルモンの分泌も影響されます。

 

成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、体の細胞を修復する働きがあり、アンチエイジング(老化防止)にも大きく貢献します。

 

特に妊娠に不可欠な黄体形成ホルモンは睡眠中の分泌量が多くなりますので、早めに就寝して質の良い睡眠が取れるようになれば妊活にも理想的なのです。

 

それだけに不眠の悩みは早く解決してしまいたいものです。

 

 

 

不眠を解消するには?

 

不眠というのは主に自律神経の乱れにより起こります。

 

人はリラックスしている時や寝ている時には自律神経のうちの副交感神経が優位に働いています。

 

逆に緊張や興奮をしていたり、不安を感じている時は交感神経優位になっています。

 

日中活動している時は集中力を上げる役割のある交感神経優位に、寝るときには副交感神経優位という交換のリズムが毎日正常に行われていれば寝付きも良くなり、質の良い睡眠が取れて不眠に悩まされることもありません。

 

 そのためには先ず体内リズムを整える事が大切です。

 

体内リズムを整えるには?

 

朝 

 

 朝は太陽の光を浴びます、太陽の光を浴びることで脳内物質のセロトニンが分泌され寝る前には気持ちを落ち着かせる事が出来ます。

 

また、朝の光の刺激により体内リズムがリセットされ、自律神経のリズムが整えられ、夜の時間には自然に眠りにつけるような体内リズムになることが出来ます。
 

 

寝る前

 

 まず、寝る直前に食事をしてしまうと、睡眠中にも消化のために内蔵が働いてしまうため深い眠りが得られません。夕食は入眠の3時間くらい前には済ませてておくのが理想的です。

 

 もし寝る前に空腹を感じて寝付けないようなことがあったときは、温かいホットミルクなどを飲むのが良いです。
 
 温かい飲み物で(カフェインの入っていないもの)寝る前に体を温めますと、それに対して体温を一定にするために脳が体温を下げようとしますので、体温が下がって眠りに入りやすくなります。

 

  同じ理由で寝る前の入浴も効果があります、お風呂は温めのお湯に少し長めにゆっくり浸かるとリラックス効果が見られ寝付きが良くなります。

 

 逆に熱いお風呂は活動時に優位になる交感神経を刺激してしまうためNGです。
 
 そして、就寝予定時間の1時間からくらいから副交感神経優位にするため徐々に刺激を減らしていきましょう。

 

 その時間帯にはコーヒー等のカフェインを含む飲み物は飲まず、スマホやパソコン、テレビなど視覚に光の刺激があるものは見ない。

 

 

 寝酒をすると寝付きが良くなると思われている方も多いようですが、実際にはアルコールによって睡眠の質が落ちてしまうので、出来ればお酒も控えたほうが良いでしょう。

 

 

 不眠症や睡眠障害などでお悩みの方でも妊克中や妊娠中は睡眠薬は肝臓など体への負担が少なからずありますのでおすすめできません。

 

その場合には体に負担の少ない、「睡眠サプリ」を使うのも良いでしょう。

 

 例えば、休息サポートアミノ酸サプリ「スヤナイトα」は睡眠ホルモン「メラトニン」を生成するアミノ酸「トリプトファン」を配合した睡眠サポートサプリで、不眠の改善のみならず睡眠の質の改善も促しますが、睡眠薬ではなくあくまでも「機能性食品」なので、副作用や体に負担をかけず、妊活中でも安心して服用できます。

 



それでも眠れなかったら。。。

 

 

 

 体内リズムが整えられれば不眠症も解消されていきますが、それでもそれ以上に考え事や不安があると眠れなくなってしまうでしょう。

 

 そのような場合は布団に入って目を閉じてから、頭のなかで「あーー」と言い続ける方法があります。

 

 人間脳は同時に2つ以上の感情を持てません、またり2つ以上の事を同時に考えるのも困難です。

 

 ですから「あーー」と(あくまでも心のなかで)言い続けている間は、そちらに意識が集中して不安や考え事から気をそらせることが出来て、自然に眠れるようになります。

 

 

 また呼吸に集中するという方法もあります。

 

 アリゾナ大学医学部のアンドリュー・ウェイル教授が不眠症の人のために考案した「4-7-8呼吸法」という方法があります。

 

 

 鼻から息を吸って4つ数え、息を止めて7つ数え、次に息を吐きながら8つ数えます。

 

 これを繰り返していくと、それまで不眠症だったのにすぐに眠ってしまったという人もいるそうです。
 

 

 

 

 

寝不足や睡眠障害による質の悪い睡眠は、妊活への悪影響だけでなく、美容や老化、健康の敵でもあります。

 

いつも元気で健康的な妊活生活を送るためにも、これまでご紹介した睡眠促進法を試して是非快適に睡眠を目指してみてください。