東洋医学で不妊改善しましょう!

西尾由佳理アナウンサーが37際で妊娠

2014年9月10日、元日本テレビのフリーアナウンサー、西尾由佳理さんが妊娠6ヶ月である事を報告しました。

 

 

西尾由佳理さんは4年前の2010年9月にCMプランナー権八成裕氏と結婚されていますが、ご主人の権八成氏は1974年生まれの40歳で、西尾さんは1977年生まれの37歳です。

 

 

日本産婦人科学会によると、高齢出産の定義は35歳以上とされていますので、来年1月時点で37歳での出産予定の西尾由佳理さんも高齢出産ということになります。

 

 

ちなみにおよそ20年前までは、高齢出産の定義は「30歳以上」という事になっていました。

 

 

1993年以降35歳に引き上げられたのは、晩婚化で30歳過ぎで子供を生む方が非常に多くなってきたのと、医学的見地からも妊娠や出産の問題のリスク高まっていくのは35歳位からと判断された事などを受けてと言われます。

 

 

また、昔より栄養状態の改善や不妊治療の技術的進化もあり、より高年齢での妊娠出産の確率も高まってきた事もあると思われます。

 

 

 とは言え、実際に年齢別の自然妊娠率をみますと25歳で 25%〜30% 30歳で 25%〜30% .35歳を過ぎると18%にまで落ち込みます。更に40歳では5% 45歳では1%と言われています。

 

 

また、受精卵が子宮内膜に着床し妊娠する確率は36〜37歳で21%、38〜39歳では11.6%、40歳以上では6.5%となっています。

 

 

 

このことから晩婚化で30代後半から妊活を始めるの人も増え、それに伴い不妊治療を受ける方の数は年々増えています。

 

 

 西尾由佳理さんも他の著名人同様、5ヶ月過ぎで安定期に入られたタイミングでの報告(西尾さんは6ヶ月)ですが、今回結婚して4年目でめでたく妊娠されたという事ですので、もし結婚直後から妊活をされていたのでしたらその後今まで不妊治療などに通われていたかもしれません。(一般的には1年過ぎで妊娠していなかった場合には不妊症の検査を受け、その後不妊治療を始められる方が多いようです。)

 

 

西尾さんはその間にも3本のでギュラーの仕事をこなされていましたから、精神的にも肉体的にも大変なこともあったでしょうが、無事安定期に入られて喜びも一入でしょう。

 

 

来年1月出産予定で今年10月末あたりから産休を取られるそうですので、しっかり養生して元気な赤ちゃんを出産して欲しいですね。