東洋医学で不妊改善しましょう!

卵子の老化と老化防止対策

 
「卵子は年齢と共に老化する」と聞いたことがある人は多いと思います。

 

しかしながら、卵子の老化は年齢だけが原因ではありません。

 

 他にどんな原因があるのでしょうか。

 

女性の体は加齢と共に妊娠しづらくなりますが、その一因は卵子は歳を重ねる毎に減少し、決して増えることが無いからです。

 

 

生まれたときには200万個あったものが、年に約1000個ずつ減少し、35歳では25000個にまで減ってしまいます。

 

 

そして20代の頃は綺麗な丸だったものが、加齢と共に形がいびつになり、卵子を守る顆粒膜細胞が少ないものが増える傾向にあり、機能も低下します。

 

 

しかし同じ年齢でも卵子の老化や妊娠できる体質等には個人差があり、20代で不妊に悩まれる方もいれば、40代ですぐに妊娠して元気な赤ちゃんを出産される方もいらっしゃいます。

 

 

それは生まれつきの体質だけではなく、生活環境や普段の心がけでも大きく変わってきます。

 

そのためには食事や運動、精神状態など、生活の中のすべてに普段から「妊活」の意識を持つことが大切です。

 

 

生活の中で出来る老化対策

 

 

禁煙

 
喫煙することにより有害物質が卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量を低下させ、卵細胞を死滅させてしまいます。

 

又、妊娠後も喫煙による胎児の低体重、早産、流産など様々なリスクがあります。

 

男性の場合も有害物質は精子の質を低下させます。

 

喫煙が習慣になっている方には辛いでしょうが、妊娠、出産という目標のため、更には健康のためにもこの機会に是非頑張って禁煙にチャレンジしていただきたいです。

 

 

体を冷やさないこと。

 

冷えは万病の元ですが、血行が促進されると代謝も良くなり、体温が上がり、免疫力が強くなり、子宮や卵巣などの女性生殖器も健康な状態が保てます。

 

そのためには適度な運動を行い、バランス良い食事で肥満を防止することも重要です。

 

 

 

質の良い睡眠

 
質の良い睡眠は成長ホルモンを分泌しますが、この成長ホルモンは妊娠に大きく関わる黄体ホルモンの分泌を促し、卵子へも影響します。

 

 

抗酸化力をあげる

 
体内で発生する活性酸素は卵子の質を低下させます。

 

活性酸素はストレスやアルコール、たばこ、紫外線により発生しますので、抗酸化性の高い食物を意識して食べたり、生活習慣を改善させることが大切です。

 

抗酸化性の高い食物の代表はバナナ、カボチャ、ニンジン、にんにく、しょうが、キャベツ、蕎麦、大豆、緑茶、アーモンド、りんご、ごぼうなどです。

 

 

卵子の老化を防ぐことは体全体のアンチエイジングと通じています。

 

若々しい体を保つことは、結果として若々しい内臓機能が保てるということです。

 

加齢による老化は避けられないことですが、努力次第でゆるやかにすることはできるのです。

 

また逆に加速させてしまうこともありますので気をつけましょう。

 

 

サプリメンで卵子のエイジングケアをする

 

シンゲンメディカル株式会社により開発されたサプリ「ミトコア」は「ミトコンドリア」機能の改善を促すイースタティックミネラルとホルモンバランスを整えるジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンにより卵子の老化を防ぎます。