東洋医学で不妊改善しましょう!

子宮筋腫とは?

 

 

 

女性特有の疾患の1つに子宮筋腫があります。

 

 

子宮筋腫は子宮内に発生する良性腫瘍で、命にかかわるものではありませんが筋腫が大きくなると月経痛や頻尿、腰痛、などの症状に悩まされる事もあります。

 

30歳以上の女性の20?30%に発生すると言われ、40歳の女性では4人に1人が持つという、女性の腫瘍としては最も多く見られるもので、特殊な病気というわけではありません。

 

 

しかし、放置すると10Kgを超えるような大きさになることもあり、ある程度の大きさになった筋腫では治療が必要になります。

 

 

子宮筋腫の妊活への影響は?

 

 

筋腫が小さければ妊娠への影響はそれほどありませんが、大きくなると若い方ですと妊娠しづらくなったり、流産しやすくなったりすることがあります。

 

妊娠後は子宮が大きくなるにつれ、女性ホルモンの分泌を受けて筋腫も大きくなります。

 

 大きくなった筋腫が直接流産や早産の原因にになることはあまり無いようですが、位置や大きさによっては注意が必要です。

 

 

子宮筋腫の症状は?

 

 

月経の出血量が増え、月経痛がひどくなったり、大きくなった筋腫が内蔵や膀胱を圧迫して下腹部が痛くなったり、頻尿になったりすることがあります。

 

他にも貧血による立ちくらみ、動悸、だるさなどが症状として現れることがあります。

 

 

治療法は?

 
 主な治療は手術か薬物療法になります。

 

 

1.手術

 

手術は子宮を全て取ってしまう「子宮全摘術」か、筋腫だけを取る「筋腫核出術」になります。

 

「子宮全摘術」のメリットは子宮筋腫の再発が無くなる事、子宮をとってしまうので子宮ガンになる恐れが無くなるということです。

 

 

また、子宮を全摘出しても卵巣は残りますので、女性ホルモンの分泌が無くなることはありません。

 

この手術による更年期障害のリスクも無いようです。

 

デメリットは、子宮を摘出してしまうので妊娠が出来なくなることです。

 

 従って、将来的に妊娠を望む方は子宮全摘出の手術は行えません。

 

 

「筋腫核出術」のメリットは子宮は残るので、手術後も妊娠出来る可能性が残る事です。

 

デメリットは子宮筋腫再発の可能性があるということです。

 

手術後にしばらく月日が経って再発し、大きくなってしまったらまた治療が必要になります。

 

 

2.薬

 

薬物療法では薬で閉経状態を作り出す偽閉経療法か、ピル(経口避妊薬)があります。

 

偽閉経療法は女性ホルモンの分泌を抑えてしまうため、更年期障害のリスクから半年までしか行えず、また、薬によって小さくした筋腫が薬をやめるとまた大きくなってしまうというデメリットが有ります。

 

 

ピルは更年期障害のリスクなどは無く錦繍を小さくすることが出来ますが、同様服用をやめてしまうとまた大きくなってしまいます。

 

 

状況に合わせて対策を

 

子宮筋腫は良性腫瘍で命にかかわるものではないので、小さくて自覚症状が無いようでしたらそれほど深刻に考える必要はありません。

 

特に妊娠を望むのであれば子宮を摘出するような手術は出来ませんので、筋腫の大きさや経過によって婦人科の先生と相談しながら様子を見ていくのがよいでしょう。

 

 

(おすすめ)自分自身で子宮筋腫を改善するなら↓
「須藤式」2ステップ子宮筋腫改善マニュアル