東洋医学で不妊改善しましょう!

「東洋医学で不妊治療をする」

・西洋医学と東洋医学の違い

 

西洋医学と東洋医学における不妊治療の考え方は全く異なっています。

 

西洋医学の場合は、薬を投与して、強制的にホルモンの分泌を促したりしますから、体に負担がかかってしまいますし副作用も懸念されます。

 

また、不妊症でも原因不明だと、原因が分からないため治療をすることが難しくなってしまいます。

 

反対に東洋医学の場合は、原因を解消して妊娠しやすくする体質にさせていくことが目的となっています。

 

薬を投与せず、自然界に存在している生薬や人間本来の機能を促進させて不妊治療を行っていくのです。

 

西洋医学では不妊を解消させることができず、東洋医学に切り替えたところ妊娠に成功した夫婦も少なくありません。

 

・漢方を使った不妊治療

 

東洋医学の不妊治療で最もポピュラーなのは、漢方を使った不妊治療ではないでしょうか?

 

漢方というのは、複数の生薬つまり自然界に存在していて、不妊に効果がある植物を処方しているため、体に負担をかけることなく、妊娠しやすい体つくりをしていくことができるようになっています。

 

以前は漢方は健康保険を適用させることができなかったのですが、最近は保険を適用させられる漢方の不妊治療も増えてきているため、以前と比べると経済的な負担が軽くなっているといえるでしょう。

 

・ツボを刺激して人間の機能を高める不妊治療

 

ツボ押しやお灸、鍼も東洋医学となっています。

 

そして、ツボ押しやお灸、鍼で、生殖機能を向上させるツボや、代謝を促進させるツボ、血行を促進させるツボを刺激することによって、妊娠しやすくすることができるようになります。

 

特にツボ押しは、自宅でも仕事の休憩時間中でも刺激をすることができるようになっているのでお勧めです。