東洋医学で不妊改善しましょう!

「ツボ押しで妊活のサポートをする」

足のツボ押しで体質を改善させる

 

人間の体には数百のツボがあり、その中には妊活のサポートをしてくれるツボもあります。

 

妊活をする場合、どんな作用があるツボを刺激するようにすればいいのかというと、冷え性の改善作用があるツボ、リラックス作用をもたらすツボ、生理不順を改善しやすいツボを刺激しましょう。

 

冷え性やストレス、生理不順は、妊活をしている人にとって妊娠をする妨げになります。

 

冷え性は体温を上げにくくなってしまいますし、ストレスによってホルモンバランスが崩れてしまい、生理不順になってしまいがちになります。

 

そして、生理不順になってしまうと、妊娠しづらくなってしまいます。

 

ツボは、普段から刺激することができるため、手軽に実践できるというメリットもあります。

 

足裏のツボ押し

 
@.湧泉(ゆうせん)を刺激する

 

湧泉は足の裏の中心から、人差し指と中指の間にあるツボとなっています。

 

少しだけくぼみができているので探してみてください。

 

湧泉は生命力の泉が湧き出ると言われるツボで、刺激することによって、
婦人科の疾患に効果があります。

 

また、妊娠への大きな障害となる冷え性を改善したり、スタミナを増強し疲労を取り除く効果があります。

 

親指で力を入れながら3秒刺激をして、3秒離すというツボ押しを繰り返すようにしましょう。

 

A足心(こうしん)を刺激する。
 
足心は足の中心に有るツボで、湧泉同様冷え性や疲労回復の効果があり、妊活には効果的なツボです。また、脚のむくみを解消するツボでもあります。

足の甲、足首のツボ


@太谿と三陰交を刺激する

 

内くるぶしからアキレス腱に移動をするときにくぼみがあるがあるのですが、くぼんだ所が太谿となっています。

 

そして、太谿から指4本分上に移動したところに三陰交があります。

 

太谿も冷え性を改善させる作用があるツボとなっており、妊活にオススメです。

 

そして、三陰交も冷え性に対して効果があるだけではなく、生理不順や不正出血に対しても効果があるツボとなっています。

 

 

A公孫を刺激する
 

 

公孫は足の内側の骨が出っ張っている所指2本分ほどかかと側の窪んだ部分にあります。
 
公孫は月経痛などの婦人科系のトラブルに効果がありますが、万能のツボとも言われ、胃腸のムカつきなど、消化器系の不調やむくみなどにも効果があります。

 

 

 更に妊娠に効果的なツボ押しやマッサージ、本格的に不妊改善に効果的な習慣やエクササイズをご自身で行いたいという方は、話題のアキュモード式妊娠術を実践してみるのも良いでしょう。